ALL フィリピン留学記 英語勉強法

フィリピン留学3ヶ月の効果は?本当に英語が喋れるようになるのか?フィリピン留学第1章終了

更新日:

ランキング参加中↓クリックお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へにほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ

フィリピン留学3ヶ月の効果

この度フィリピン留学12週(3ヶ月)のプログラムを終了しました。おめでとうコダマユウシのメッセージお待ちしております。笑

さて、今回の3ヶ月留学で自分の英語力の変化をどの程度感じることができたのかまとめてみました。

留学前の英語力

まず最初に認識してもらいたいのが、留学に行く前の英語力が人によって全く違うという点です。全員が3ヶ月留学すると”こうなる!”というわけではありません。

ちなみに留学前の僕の英語力はこちら

  • 英検3級正解率90%以上
  • 英検準2級正解率60%
  • TOEIC400点以下
  • 中学英文法概ね理解している
  • 現在完了形の使い方がいまいちわからない
  • 前置詞きちんと使えない
  • 中学英語中級程度の単語量
  • L・R・V・F・Thなどの日本人が苦手とする発音が理解できている(自衛隊の頃に習った)

英語超ビギナーですね。中学英語レベルです。ちなみに会話は簡単な文章のみ理解できていました。(英検3級に出てくるレベルの会話)
また、飛行機・スーパー・コンビニ・レストランなどの会話、アナウンスなどが全く耳に入ってきませんでした。

留学後の英語力

留学後の英語力なのですが、まず最初に言いたいのが”ペラペラにはなっていない”というところです。ペラペラの基準がすごく曖昧なので非常に答えにくいのですが、僕自身”ペラペラではない”です。

今回僕が受けたコース内容がこちら

  • マンツーマン5コマ・グループクラス3コマ/日
  • ESLコース(TOEICやIELTSコースではない)
  • 日常会話やディスカッション重視
  • 毎週1回TOEIC模試受験可能
  • 日本人比率80%
  • 台湾人・韓国人・タイ人の生徒比率20%
  • 土日祝休校
  • スパルタでない(ホテル通学、門限なし)

校風は他の学校に比べるとかなりゆるい感じです。また、英語ポリシーなどもなく、みんな休憩時間などはガンガン日本語で会話していました。

さて、この学校で得た英語力はというと

  • TOEIC500点
  • 先生の言っていることほぼ分かる
  • わからないことがあっても分からないことを質問できる
  • 外国人(第二言語が英語)の友達と間が持つ・会話ができる
  • 耳が早い英語にある程度ついていける
  • 現在完了形が使える
  • 前置詞ときどき間違える
  • ジャパニーズアクセントの発音がマシになった
  • 空港で問題なくチケット発行・イミグレ通過できる

 だいたいこんな感じです。今回TOEICのコースを受講していないので日常会話がメインの授業でしたが、TOEICの点数はおよそ100点アップしました。TOEICのボキャブラリーは全く付いていないのですが、文法の理解や表現力、リスニンング力がついて”消去法で解答”ができるようになったからだと思います。また、今まで問題すら読めなかったのですが、問題がなんと書いてあるかわかるようになりました。ただ、500点だと全く自慢できる点数ではないですね・・・笑

また、英検については模試をやっていないので今受けるとどうなのか比較ができていません。
英検準2級の正解率90%まで上がりました。

放課後の過ごし方

留学中の放課後の過ごし方は学生・学校によって様々だと思います。自習が強制の学校もあればそうでないところもあったり、宿題のない学校もあります。僕のいた学校は宿題を出す先生はごく稀で出たとしても本当に少しの量でした。

1ヶ月が経過した頃、このままではいけないと思い文法クラスの先生に宿題を出してもらうようにお願いしました。

その内容がこちら

  • 授業終わりにトピックを決めて小論文を書いてくる(宿題)
  • その小論文を授業のときに提出
  • 先生に添削してもらう
  • 小論文の内容についてディスカッションする

こんな流れでした。小論文を書くことで文法の構造を意識でき、別の授業で習った単語・熟語を使用することもできました。また、文章構成の流れ(イントロダクション・ボディ・コンクルージョン)も勉強することもでき、ディスカッションすることによって会話の授業が1コマ増えるという一石二鳥の授業となっていました。

宗教について(フィリピン人はほとんどキリスト教)話し合ったときには全く理解ができなくて先生に愛想つかされそうになったりもしました。

この他の授業でも分からない単語・熟語の意味は調べ、テキストを前日には一読して質問事項をまとめる予習を毎日していました。(授業中に辞書で調べる時間は完全に無駄)。自習時間は1日あたりおよそ2〜3時間でした。

予習、復習めちゃくちゃ大事です。

まとめ

個人的には会話能力、特にレスポンスが早くなったと感じています。また、表現力・読解力・リスニング力が身について口語の英語と文章の英語両方をなんとなーく理解できてきました。
最初の頃は先生の話すスピードが早くて「ゆっくり喋ってくれ」とお願いしていたのですが、今は特にきにする必要もなくなりました。ただ、映画を字幕なしで全てを理解することはまだ無理です。しかし、喋れるか喋れないかでいうと喋れるようにはなりました。

留学来て本当に感じたことは文法と単語を日本で勉強してくること。留学期間が短ければ短いほど留学前の準備をしっかりしておくと留学後の英語力の変化に大きく気づくことができると思います。

予習が大事とか偉そうに書いてますが

卒業式のスピーチ何も準備してなかったらグダグダになりました

ほんとに準備って大事です

留学前の勉強についてはこちら
留学前に勉強しておくべきこと

さて、留学第1章が終わりました。第1章・・・ということは・・・

ランキング参加中↓クリックお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へにほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ

おすすめ記事一覧

-ALL, フィリピン留学記, 英語勉強法

Copyright© アラサー無職の単身フィリピン留学記 , 2017 AllRights Reserved.