名称未設定-1

ALL セブ島観光 フィリピン留学記

【閲覧注意】アヒルの有精卵バロットを食べにコロンストリートへ行ってきた

更新日:

ランキング参加中↓クリックお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へにほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ

フィリピンの珍味バロット

バロットとはフィリピン・カンボジアで有名な珍味で、アヒルの有精卵を加熱したゆでタマゴです。今回はこのバロットを勇気を振り絞って食べてきました。

バロットはストリートフード

セブ島ではバロットを露店で買うことができます。大きな通りから小さな通りまで様々なところでバロットの露店を見かけることができますが、基本的には夜の営業になります。僕の学校の近くにも夜になるとお店が出るのですが、今回は時間帯がお昼だったこともあり、お昼でも出店しているコロンストリートへ行ってきました。
P_20170305_145818
コロンストリートはセブ市の中でも歴史的な場所であり、観光客に人気の場所でもあります。有名な観光スポットとしてはサントニーノ教会(SANTO NINO)があります。しかし、治安がかなり悪く夜は犯罪が多発しています。お昼に行くには問題ありませんが、夜のコロンへ行くのはお勧めしません。また、街の匂いも独特(臭い)で空気もかなり悪いので、デリケートな方はマスク必須です。

バロットのお店は色々な場所に出店されているので、簡単に見つけられると思います。もし見当たらなければ近くにいる人に「バロット!!」って言えば教えてくれると思います。笑 

どのお店もこのような感じでワゴンにタマゴがたくさん乗っています。
P_20170305_145617

バロットと普通のゆでタマゴ

ワゴンの上のタマゴが全てバロットというわけではありません。この半分以上は普通のゆでタマゴです。

殻の部分にBもしくは何らかの印が書いてあるものがバロットになります。

注文の際は店員に「バロット!!」と言いましょう。するとレベルは?と聞かれます。

バロットのレベル?

レベルとは”タマゴが生まれてから何日目のものか”ということです。レベルはお店によって違うのですが16日〜18日が一般的で、ときどき羽化直前の22日や、生まれてすぐの7日なんかもあります。当然日にちが経てば経つほど中身の形が雛に近づいていきます

バロット実食

今回は16日モノのバロットをいただきました。
1491115948128


お値段10ペソ(約25円)お店によっては20ペソだったりするみたいです。




ここからはタマゴの中身が見えている写真を掲載しているので、苦手な方はブラウザの戻るボタンをお願いします・・・




まずタマゴの丸っこい部分を割って殻をめくります。
1491115946110
するとこんな具合に血管がこんにちはしてきます。

ここ中にお店においてある塩をひとつまみとお好みでを入れます。そして一口目は中のエキスをズズーーーッと吸い上げます。

1491115942700


その後中の肉を食べます。こちらもお好みで塩や酢を振りかけていただきます。


1491115933466
1491115930196


うん・・・見た目最悪です。グロい・・・写真はわりとまともなものを選んで掲載していますが、内臓ゾーンはどは本当に見た目最悪です。

バロットの味は?

さて、肝心の味なのですが




マズくはないです。



一口目のエキスは濃厚なスープのような味がします。口の中にまとわりつくようなそんなかんじです。
中身の方はチキンのようなレバーのような何とも言えない味です。しかし食感は最悪です。



・羽
フサフサしていて口の中に残る感じ。



・骨
軟骨のように柔らかいのですがコリコリ・・・



・内臓
少し苦味あります。薄味のレバーのような味です。



終始嗚咽してました。食感とイメージのせいです。
1491115920794



しかしながら1つの命を貰ったので責任を持って全て食べきりました

P_20170305_145626

バロットまとめ

  • 露店で買える
  • お店は基本的に夜に出店
  • コロンストリートはお昼も出店
  • バロットはレベルがある
  • 味はマズくない
  • 見た目と食感は最悪

もし食べきる自信がない場合は友達とシェアしたりすると良いかと思います。

1491115902901
ランキング参加中↓クリックお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へにほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ

おすすめ記事一覧

-ALL, セブ島観光, フィリピン留学記

Copyright© アラサー無職の単身フィリピン留学記 , 2017 AllRights Reserved.